您在這裡

關於神奈川縣立津久井山百合園事件(聲明文)

文/久保厚子(日本手牽手育成會全國會理事長)
翻譯/高雅郁(中華民國智障者家長總會社工專員)

  2016年7月26日凌晨,於障礙者支援機構「神奈川縣立津久井山百合園」(相模原市綠區,由社會福祉法人神奈川共同會經營管理)發生了該機構所服務的智能障礙者遭受到襲擊,奪走19條人命、20人受傷的前所未有的事件。本會衷心地為死者祈禱冥福,並對家屬致上最真誠地慰問;並且由衷祝福傷者透過適當的治療,能夠早日康復。

  對於無力抵抗的障礙者們做出如此殘忍的襲擊行為,我們不但感到驚愕,一想到受害者家屬們的悲傷與懊惱心情、更是感同身受地全身顫抖。計畫在職員人數少的時段、對無力反抗的智能障礙者們進行突襲的兇殘行動,我們無法原諒。

  這個事件,不單單只是本會會員或相關人員,還包括多數的障礙者、家屬、以及福祉從業人員,都陷入了不安,所造成的傷害是難以想像的深刻。為了不使這樣的事件再度發生,有必要徹底調查瞭解事件發生的背景。

  自今日起,對於與此事件相關的人們,包括被害者、及被害者的家屬、遺屬、以及同住在該機構的智能障礙者們,請全面與確實地關照與照顧。此外,對於事件的背景、原因、內容,請徹底調查,並檢討分析提出早期與中長期的對應策略,並請進行深度的討論以做為今後的教訓。再者,為使此事件的負面效應不要再繼續擴散漫延,也請將此後對應與討論的過程與訊息公開。

  又,為使傷者及亡者遺屬,即使只有片刻、可以安穩平靜地過日子, 特別要請媒體從業人員們及相關報導機關,在採訪報導時謹守自律原則。

  目前,透過媒體所傳達出,本事件的嫌疑犯對於障礙者的生命與尊嚴的否定言論之供詞。然而,我們的孩子們,不論是有著什麼樣的障礙,每個人都是努力地、珍視自己生命地活著;而身為家屬的我們,也對於這一步一步的努力,支持著、守護著。在此不幸地事件中所奪走的每一條人命,也都曾經如此珍貴地存在過。犯下此罪行的人,請正視自己的行為,對於犯下如此重大罪行的認知,不能虛與委蛇地帶過。

  而對於廣大的國民們,祈願您們能夠藉由此次的事件,去正視每位障礙者的生命的重量。而不論是否有障礙,我們由衷地祈盼,每一個人都能互相尊重彼此的人格與個性,一起迎向共生社會。

*本文經作者同意後翻譯公開。


 
神奈川県立津久井やまゆり園での事件について(声明文)

  平成28年7月26日未明、障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」(相模原市緑区、指定管理者・社会福祉法人かながわ共同会)において、施設入所支援を利用する知的障害のある方々が襲われ、19 人が命を奪われ、20 人が負傷するという未曾有の事件が発生しました。被害に遭われ亡くなられた方々に、衷心よりご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にはお悔やみ申し上げます。また、怪我をされ治療に当たられている方々の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

  抵抗できない障害のある人に次々と襲いかかり死傷させる残忍な行為に私たちは驚愕し、被害にあわれた方々やそのご家族の無念を思い、悲しみと悔しさにただただ心を震わせるばかりです。職員体制の薄い時間帯を突き、抵抗できない知的障害のある人を狙った計画的かつ凶悪残忍な犯行であり、到底許すことはできません。

  事件は、当会会員・関係者のみならず、多くの障害のある方やご家族、福祉関係者を不安に陥れ、深く大きな傷を負わせました。このような事件が二度と起きないよう、事件の背景を徹底的に究明することが必要です。

  今後、事件対応に関わる皆様には、まずは被害者及び被害者の遺族・家族、同施設に入所されている方々のケアを十分に行ってくださるようお願いいたします。その上で、事件の背景・原因・内容を徹底して調査し、早期に対応することと中長期に対応することを分けて迅速に行いつつ、深く議論をして今後の教訓にしてください。加えて、本事件を風化させないように今後の対応や議論の経過を情報として開示してください。

  また、事件で傷ついた被害者やご遺族が少しでも穏やかに過ごせるよう、特に報道関係機関には特段の配慮をお願いします。

  事件の容疑者は、障害のある人の命や尊厳を否定するような供述をしていると伝えられています。しかし、私たちの子どもは、どのような障害があっても一人ひとりの命を大切に、懸命に生きています。そして私たち家族は、その一つひとつの歩みを支え、見守っています。事件で無残にも奪われた一つひとつの命は、そうしたかけがえない存在でした。犯行に及んだ者は、自らの行為に正面から向きあい、犯した罪の重大さを認識しなければなりません。

  また、国民の皆様には、今回の事件を機に、障害のある人一人ひとりの命の重さに思いを馳せてほしいのです。そして、障害の有る無しで特別視されることなく、お互いに人格と個性を尊重しながら共生する社会づくりに向けて共に歩んでいただきますよう心よりお願い申し上げます。

平成28 年7 月26 日
全国手をつなぐ育成会連合会
会長 久保 厚子


註:日本手牽手育成會是全國心智障礙家長組織,於日本全國各地設有家長會,從家長的立場出發,為心智障礙者及家庭提供相關支持與服務。智障者家長總會與其締結為姊妹會,在心智障礙服務的領域中互相交流學習。
註:​日本育成會網址:http://zen-iku.jp/info/member/3223.html 

本文出自於智總第76期會訊